初鹿明博の掲げ続けること

img364773c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg

初鹿明博の想い
政治家としてさまざまな取り組みを続けてきた初鹿明博ですが、彼は政治家を志した頃からずっと掲げてきた想いがあります。まず、初鹿明博は理想を捨てることは絶対にダメだと考えており、理想は捨ててしまったらその時点で絶対に実現ができないと考えています。政治の世界において理想論ばかりを語るのは良いこととは言えませんし、時に理想と現実のはざまで苦しむこともあります。しかし、彼はそれでも理想を捨てることはない、理想を掲げ続けていればいつか叶うと信じているのです。

自分自身が希望を持ち続けていたいし、すべての国民にも希望を持ち続けてほしいと初鹿氏は考えています。戦場では希望を捨てた者から死んでいくと言われていますが、彼が言っているのはまさにそれと同じことではないでしょうか。彼自身も政治の世界に希望を見出し政治家への道を進んだわけですし、今でも崇高な理想を持ち続けています。理想と希望を捨てずに持ち続けることこそが大切だと考え、その気持ちを持ち続けている限りいつか理想が現実のものになると考えているのです。

役人とは違う視点で考える
初鹿明博は民意で選ばれた議員を誇りと感じています。政治家は選挙によって選ばれた人たちですし、国をよくしてほしいという民意を受けて議員バッジをつけているのです。初鹿氏はそのことを重く受け止めていますし、そこが日本の官僚との大きな違いであると口にしています。官僚は民意でなく試験で受かってそのポストについた人ばかりですし、議員は権力を行使する官僚と対峙して国民の立場に立って制度を作っていくべきだと考えています。役人、官僚とは違った視点で物事を考え決めるために議員が存在している、という思いを初鹿氏は強く持っています。

正しい判断をするには正しい基準を持つ必要がありますから、いろいろな人、業界と接することによって判断が正しくなると初鹿氏は考えています。現実の世界で生きる人々の生活をよく知ることによって判断基準が確立され、より正確な判断ができると考えているのです。初鹿氏が常に国民の生活模様を意識しているのはそのためでしょう。

崇高な考えを持つ政治家
初鹿明博という政治家は崇高な考えを持つ議員だと筆者は思います。実際にそう評価しても差し支えない働きをこれまでにしています。かつて民主党から離党しようとしたときには大勢の党員が彼を引き留めましたし、それだけ日本という国を良くするためには必要な人材だったことを示しています。

ここでご紹介した彼が掲げている想いを見てもそれはよく分かるのではないでしょうか。常に高い理想を掲げ続ける初鹿氏に夢物語だ、政治家として向いていないなど辛辣な評価をする方もいますが、私は決してそうは思いません。やはり彼が言うように理想を掲げ続けるというのは大切なことだと思いますし、信じるものは救われるという言葉もあります。強く願っている理想はいつか必ず現実のものになると思っています。初鹿氏にはぜひ理想を実現していただきたいと思います。

東京鹿優会
http://www.hatsushika.net/

ピックアップ記事

  1. img43346f6ddde4d13d7b459f565f3b627567d368c57155.jpg
    佐賀市 バーとレストランが一緒になった、レストラン&バー パセリは、洋食屋さん定番のデミグラスソース…
  2. img7245c860b39b39f43b7c84fca67cce781a347141890e.jpeg
    ドクターデヴィアス RAREシリーズ ドクターデヴィアス化粧品株式会社は2016年10月3日 美しく…
  3. img4172bf1c6e9309542342d212e459480995b994d953e6.jpeg
    ■コミュニケーションの大切さ世界的に見ても日本はもっとも英語を苦手としている国です。アジア諸国の中で…
ページ上部へ戻る