修理 革製品財布ならおまかせ

部分劣化が、徐々に全体の劣化へつながってしまう財布は、劣化するとすぐ買い替える方が多いでしょう。しかし、財布を大切にすることは、金運などにも直結するものです。さらに、高価な財布を古くなるごとに購入していると、コストと効果のバランスはよくありません。財布が使いずらい状態で我慢されている方に修理 革製品の「雨ザラシ工房」をおすすめします。お気に入りだからこそ、修理 革製品して長持ちさせようと思うのであれば、「雨ザラシ工房」では、次のようなことができます。

例えば、摩擦などで糸が切れてしまった場合は、縫い直しでほつれの修理が1,000円より、内張りが破れてしまった場合や剥がれてしまったときには9,000円より内張りの交換ができます。そして、パチンと留めるホックボタンも経年により緩くなりがちです。こちらの交換は300円より、マグネットタイプの交換は4,500円より行っています。

「雨ザラシ工房」は修理 革製品の熟練の技術者がサポートしているため、修理をお願いすれば、もっと長く使える財布になるでしょう。

雨ザラシ工房
http://amazarashi-repair.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. これから神奈川 会社設立を考えているとしたら、横浜さくら法務行政書士事務所を選んでみてはいかがでしょ…
  2. 神澤光朗に「趣味は何?」と聞くと、即答で「映画」だと返ってきます。彼の趣味である映画鑑賞は、かなりの…
  3. 汚れが残っているのは見ていてあまり気持ちがいいものではありません。せっかくのリラックスタイムであるバ…
ページ上部へ戻る