池田富一の衝撃を受けた漫画

池田富一です。

先日気になる漫画を見つけました。
古い友人にお薦めされ、ウェブ上のお試し版だけで読んでみました。というのも集英社リボンで連載されている作品だったからです。大の大人が少女向け漫画を購入するのは気が引けたというわけでありまして(笑)

「この漫画に無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」というのがキャッチフレーズなんですかね。女性の間で非常に支持されている作品らしく、男性にも是非読んで欲しい、そしてどう思ったか聞かせてほしい。と、友人に言われました。

漫画好きの池田富一ではありますが、少女漫画なんてほとんど読んだことがありませんでしたから、「男が読んでもいいのか?」と少々ドキドキしていましたが、1巻のお試しを読み終わる頃には完全に引きこまれていました。

改めて、この作品は女性だけの漫画ではない、男性も読むべきだ。と思いました。

タイトルを紹介するのを忘れていました。【さよならミニスカート/牧野あおい先生】の作品です。


主人公の神山仁那は学校で唯一、スカートではなく男子と同じスラックスを履いて通学している女子高校生。実は半年前まで、大人気アイドルグループPURE CLUBの不動のセンターとして活躍していました。
しかしある日の握手会でナイフを持ったファンに切り付けられた事件をきっかけにしてアイドルを辞め、そして、女の子をやめた。

これだけでは見えてこないと思いますので、ジャンプ+で是非読んでみてください。

学校周辺で変質者が出ると噂が出た時、怖がる女子を見てクラスの男子が「変質者恐がっているくせになんでそんなスカート短いの?」「そんなに怖いならスラックス履けよ、神山さんみたいに」「結局、男に媚びを売るために履いてるんだろ?スカートなんかさ」

と発言。それを聞いた仁那は発言した男子の机に飛び乗りネクタイを引っ張り上げ「スカートはあんたらみたいな男のために履いてるんじゃない」とバッサリ言い放ちました。

この男子の発言も問題ですが、正直同じように思っている男ってかなり多いと思うんです。池田富一だってそうです。わざわざ発言しないにしても「スカート履いてるから目を付けられてしまう」と頭の片隅で考えてしまいました。

しかし、この後にクラスの男子のマドンナである美玖は、その男子の元へ駆け寄り「もーひどい!沖田くん!本当に怖かったんだからーっ!今度そういう事いったら怒るよ」と発言。みんな大袈裟なんだから。たかが太ももだよ。

この発言を受けて男子達は再び、さすが美玖ちゃん優しい、どこかのオトコオンナとは大違い。やっぱモテる子はあぁいう子だよなと流れは一変。せっかく仁那がビシッと言ってくれたのに、美玖は自分が嫌われないことを選んだのです。

女子男子ともに、この漫画を読むべきです。変えていくべきところが見えてくると思います。

池田富一

関連記事

ピックアップ記事

  1. たつ吉・うき舟は、春日部 そばをはじめとする創作料理やデザートなどを提供しています。たつ吉は特にそば…
  2. 自分から塾に行きたいというお子様も、塾には行きたくないというお子様も、一度北習志野 塾の体験授業を受…
  3. 青森出身の浦壁伸周は、フリーターでありながらも贅沢な楽しみを持っています。それは旅行をして写真を撮る…
ページ上部へ戻る