庭野仁司が考えるLGBPへの取り組みと株式会社クォンタムジャンプコンサルティングのセミナー

庭野仁司が運営する株式会社クォンタムジャンプコンサルティングはインターネットの風評被害・誹謗中傷対策を行っている企業です。検索に表示されることが好ましくないワードを非表示にする対策や、インターネット上に掲載されている好ましくない記事の検索結果順位を下げる対策などを行っており、様々な企業の役に立っています。

そんな株式会社クォンタムジャンプコンサルティングでは、LGBTへの取り組みの一環として、セミナーの実施をしています。LGBTは、まだ馴染みの浅いものかもしれません。しかし、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの代表取締役である庭野仁司は、このLGBTへの取り組みは、自社をより豊かなものにするのに大きな影響を持つと考えたのです。

LGBTとは、Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭文字からとった総称です。同性愛者や両性愛者、生まれ持った身体の性と自認する性の不一致など性的少数者の方々を指す言葉として意味を持っています。海外では、1989年にデンマークが世界で初めて同性カップルに法的な権利を認める制度を導入しました。日本では、2015年に渋谷区で同性カップルが結婚に相当する関係と認められ、証明書の発行を条例として定められました。

国内においても、LGBTへの取り組みを行っている企業があります。同性カップルを結婚に相当するものとし、同性パートナーを配偶者とみなして福利厚生や人事制度を一般の配偶者と同等の扱いとしている企業もあるのです。さらに、国際オリンピック委員会が2014年に性的指向による差別禁止をオリンピック憲章に盛り込む決議をしました。日本は、2020年オリンピックのホスト国であり、さらなるLGBTへの取り組みの多様化が注目されています。日本でのLGBTの方の割合は、20人に1人といわれています。AB型や左利きの方と同じくらい、LGBTの方は身近な存在であるといえるのです。

そんなLGBTへの取り組みを学ぶのに役立つのが、庭野仁司が運営する株式会社クォンタムジャンプコンサルティングのセミナーです。LGBTはまだまだマイノリティーのイメージが大きく、誤解を抱かれていることもあります。しかし、正しく理解し、受け入れ、広めていくべき存在であると庭野仁司は考えているのです。株式会社クォンタムジャンプコンサルティングのセミナーでは、LGBTを正しく理解し、社会へ反映させるのに役立つことが学べます。庭野仁司を筆頭に株式会社クォンタムジャンプコンサルティングでは、こうした社会への取り組みや、人々がより自由に、自分らしく生きていくための取り組みにも積極的に活動しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 何気ない日常のなかでも自分だけのこだわりやおしゃれが楽しめることは大切です。心の潤いを与えてくれるよ…
  2. 東堂一義は、水泳が好きです。幼いころからスイミングスクールに通っていました。習い始めたきっかけは母親…
  3. 野澤渉法律事務所では困っている人の相談を随時受けつけています。もちろん、相談の内容については法律に関…
ページ上部へ戻る