今でもゲームが大好きな大淵裕昭

大淵裕昭は小さいころからアニメとゲームが大好きでした。近所には興味が出る娯楽もあまり無かったので、自然と自宅でゲームをするのが日課になってしまいました。しかし親は勉強で良い成績を取らなければゲームで遊ばせてくれなかったので、勉強もしっかりやらなければいけないということを小学生の頃から理解していました。ずっと成績が良かったのは勉強が大好きだったからというわけではなくて、勉強をしないと親に怒られてゲームをすることができなくなってしまうからでした。ですから、大淵裕昭はゲームをしたい一心で、一生懸命勉強をしたのです。

最初に買ったゲーム機は「スーパーファミコン」でした。この商品は大淵裕昭が小学校の頃に販売されたゲームです。ファミコンはリアルタイム世代ではなかったので、最初に買ったのがスーパーファミコンでした。買ってもらったのではなくて、大淵裕昭本人がお年玉やお小遣いを貯めて自分で買ったゲームです。当時から親は「自分が欲しいものがあれば自分でお金を貯めて購入しなさい」というのが口癖だったので、親からおもちゃやゲームを買ってもらったことは本人が記憶している中では一度もなく、当時は何故おもちゃやゲームを買ってくれないのか不思議に思っていて、親に対して反抗した時期もありましたが、それは決して貧乏だったというわけではなくて、子供の将来を考えて、そのような方針を採っていたのだと、大人になってから理解したそうです。

買いたくてもなかなか買えなかったゲームを、ようやく自分で貯金をして購入することができたときは、とても嬉しかったことを大淵裕昭は大人になった今でも覚えていますし、当時買ったスーパーファミコンは今でも大切にとっていて、その本体を使って遊ぶこともあるそうです。学生時代は、とても忙しかったということもあり、ゲームから離れていた時期もありましたが、現在では、休日の楽しみの1つとしてゲームが生活の中に溶け込んでいます。今は、スマホのゲームが主流となっているので、大淵裕昭も様々なスマホのゲームをして楽しんでいます。誰でも知っているような人気の作品から、自分しか知らないのではないか?と思えるようなマイナーなゲームまで、幅広いジャンルのゲームをやっていますし、スマホゲーム以外にも、携帯型ゲーム機を持っているので、スマホゲームに飽きたら携帯型ゲーム機で遊んでいます。大淵裕昭のゲーム魂が大人になってから蘇ったのは、やはり幼少期の出来事があったからこそでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上京していた友人が3連休を使って地元に帰ってくるので、久しぶりに会うことになりました。2年ぶりでした…
  2. アーキジャパンは建築業界に特化した人材派遣をおこなっている会社です。東京新宿区に本社をかまえており、…
  3. ラーク動物病院は1994年の開業以来、レベルの高い獣医療と飼い主が大切なペットを安心して任せることが…
ページ上部へ戻る