WFC(ワールドフレンドシップコイン)の流通プランは?|世界の友好と仮想通貨

WFC(ワールドフレンドシップコイン)の基本理念は「地域貢献」とそれに根ざした「事業活動」です。そして、その先に見えるのが子どもの健やかな成長と世界平和なのです。資金調達は主に仮想通貨を運用することで行っています。

仮想通貨WFC(ワールドフレンドシップコイン)は世界の友好目的で創られた

仮想通貨であるWFCは、事業を行う上での決済に利用できますし、ボランティア活動やチャリティー活動の資金にも利用できます。もちろんそこから寄付を行うこともできます。WFCの基本理念は、地域への貢献であり、まずは地に足を付けて身近なところから始めていきます。その先に見えるのは世界の友好と平和です。

そういった意味では、WFCは世界の友好、そして世界平和のために創られたといっていいでしょう。そのために必要なのが地域貢献と次代を担う子ども達の健やかな成長なのです。

WFCはそのために、さまざまな事業活動を行っています。地域貢献の一貫として、プロサッカー選手育成事業を手がけています。これはスポーツを通じて世界平和を実現しようという考え方からです。そのためにも資金が必要です。仮想通貨を利用して広く資金を集め、それをWFCが手がけるダイヤモンド事業への投資、そこから収益の回収を行うことで資金調達をしています。

WFCの流通プランは?

WFCの流通プランの根幹となっているのがダイヤモンド事業です。元々貴金属は価格の乱高下がなく安定しています。その中でも貴金属の最高峰といわれるダイヤモンドは安定感抜群で有り、今後もその価値は下がることなく、名実ともに永遠の輝きをしてくれることでしょう。WFCはICOを通じて、資金調達をし(正確には出資を募っています)ダイヤモンド事業に投資を行っているのです。

そこから得た資金を、還元し収益とすることで、さらにWFCが手がけるさまざまな事業にお金を回しているのです。そしてこのようなお金の流れが結果的に地域貢献から子どもの健やかな成長、そして世界友好の実現に向かっているということです。また、チャリティーオークションを実施することで、衣食住に困っている世界中の子ども達のために寄付金集めもしているのです。これらがWFCの流通プランであり、収益の柱として根幹にダイヤモンド事業があるのは注目に値します。決してその価値が下がることがないダイヤモンド事業を行っていることで、振り返ることなく前を見て進むことができるのです。

まとめ

世界友好のために、WFCはチャリティーオークションや寄付金集めの他にも、一つの流通プランとしてオンラインショッピングモールの構築を行い、そこでWFCを仮想通貨として使うことができます。そうしたお金の流れをこれからどんどん拡大していくのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人生はたっぷりとあるようでいつか終わりがやってきます。必ず命の終わりがあると意識した時、あなたはどん…
  2. リードワンプロモーションは舞台の協力をしたり、ショートムービーの協力をしたり、イベントの企画なども幅…
  3. 平塚駅北口にある平塚市 整体のColinuxは落ち着いた店内に間接照明を使用してリラックスできる雰囲…
ページ上部へ戻る