仏陀釈尊の教団とも呼ばれている九州本部の阿含宗

阿含宗は仏陀釈尊の教団と呼ばれているのですが、簡単に言えば仏教の流れをくむ教団ということです。そのため、考え方もかなり仏教に近いと言えるのですが、いろいろな本部が存在している中で、九州本部がかなり積極的に活動していると言えるでしょう。

九州は最も大陸の影響を受けてきた上に、鎖国をしていた江戸時代には、唯一開国をしていた長崎県の出島があった地域です。そのため、仏教の影響を最も受けた地域だと言っても過言ではありません。だからこそ九州本部では、積極的な活動が行われているのです。

仏陀釈尊というのは、仏教の創設者でもあるので、この流れをくむ教団ということは、当然仏教と同じような教えになっているのが当然でしょう。他の国でもこのように仏教の流れをくむ教団は数多くあり、阿含宗ではチベット仏教との関わりが深くなっています。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 山梨のスポーツ振興について今回中込直樹が調べてみたのこと。それは「山梨県がスポーツに対してどのような…
  2. デザイン制作の仕事をしています。普段、机に向かっていることが多いので、肩こりに悩まされています。酷い…
  3. 音楽のセンスは、小さなころからの環境によるところも大きいものです。お子さんに楽器を習わせたいなら、福…
ページ上部へ戻る