高谷知佐子はインド法務に精通した弁護士です

高谷知佐子は森・濱田松本法律事務所のパートナー弁護士としてアジアのM&A関連や労働法関係を主業務とし、日系企業のアジア進出サポートを行っている弁護士です。
1969年に生まれ、1993年に東京大学法学部を卒業しました。卒業前の就職活動を始めた頃がちょうどバブル崩壊期に当たり、先の見えない時代でした。公務員を目指した時期もあり、役所巡りなどいざ就職活動をしてみると女性の活動が制約されているという思いを持ち、もっと女性として自由闊達に活動できる職業をという観点から法曹を目指すことにしました。将来的な仕事の展開を考え、検事より弁護士を選び、1995年より弁護士活動を始めました。この時期には親族・相続訴訟や特許権侵害、労働紛争、交通事故など様々なジャンルの訴訟を手掛けるとともに、会社法務や契約書作成などを通して日本企業のアジア進出の業務を経験できたことがその後の進路に影響を及ぼしています。
3年ほどの実務を経てアメリカへ留学、1999年にコーネル大学法学部大学院卒業し、ニューヨーク州弁護士登録を行ってニューヨーク州弁護士会に所属しました。1999年から2000年までシンガポールの法律事務所で、2000年にはインドの法律事務所での執務を経験しています。この時期の現地での生活体験や現地弁護士との協業は実体験でしか得ることのできない大きな収穫で、高谷知佐子のその後の海外向け業務の礎となっています。
帰国後2001年から現在の森・濱田松本法律事務所に所属し、M&A関連業務や労働法関係の業務を中心に活動しており、労働法プラクティスグループと国際的紛争解決プラクティスグループにて業務を行っています。特に外資系企業の人事労務問題への対応ではアメリカ、シンガポール、インドでの留学や執務の経験を生かすことができ、業務を推進するうえでは英語力だけでなく日本と海外の差異を説明できることが重要であることを痛感しました。彼女の海外業務経験から日系企業のアジア、特にインド進出サポート案件が多くなっています。

高谷知佐子の所属する森・濱田松本法律事務所は東京都千代田区に本拠オフィスを置き、アジア地域での日本企業のビジネス活動をサポートすることをメインに活動しています。そのため東京、大阪、名古屋、福岡の日本拠点だけでなく、北京、上海、シンガポール、ヤンゴン、バンコク、ジャカルタに海外オフィス/デスクを置き、アジアの法務経験の豊かな弁護士でチームを編成して日本企業サポートのための総合的サービスを行っています。
現在アジアは日本企業にとって製造拠点であるだけでなく重要なマーケットとなっており、日本企業のアジアでのビジネス活動は重要性が飛躍的に増すとともにますます多様化し複雑化が進んでいます。この大きな変化の中でアジア特有の問題点を日本企業に提供し、そのビジネスをサポートすることで新興国独特の課題と対策のノウハウを蓄積してきました。アジア各地に拠点を置くだけでなく、東南アジアや南アジアの様々な地域に複数の弁護士を派遣し、現地の有力法律事務所と連携を取りながらクライアントの要求に応える体制を敷いています。

この法律事務所のパートナー弁護士である高谷知佐子は労働関連の訴訟や制度構築、行政対応や組合対応、M&A関連の労働法務など労働関連の幅広い業務を行う一方、シンガポールやインドでの執務経験を活かし東南アジア、南アジア諸国をターゲットとするクロスボーダー案件に取り組んでいます。具体的には、労働法務として労働法アドバイスや労働争訴、国際業務としてインド法務とシンガポール法務、M&AとしてM&A企業再編やプライベート・エクイティを扱うスペシャリストとしてその取組分野で活躍しています。その中でも特にインド法務の関連業務は過去の経験を活かし2001年からずっと取り組み続けています。
インド市場は急速な発展と成熟に伴い、非常に複雑で雑多なM&Aや企業再編の案件が増大しています。この対策として森・濱田松本法律事務所は各オフィスにインド人弁護士を常駐させたり、インドの大手法律事務所に弁護士を駐在させたりして様々な取り組みを行って来ました。その成果として、2014年には日本企業のインド企業買収、2015年にはインドで精密機器の製造を行っている上場会社と非上場会社の同時買収に成功しています。
高谷知佐子は森・濱田松本法律事務所の中でも特にインド法務のスペシャリストとしてM&A関係で活躍しており、具体的には直接投資、M&A、現地子会社の設立、インド現地法人の組織再編、現地での紛争対応など幅広く成果を挙げています。今後はインド案件だけでなくバングラデシュ、スリランカ、パキスタンなどの南アジアでの案件にも取り組んでいくことを目指しています。
2016年2月にThe Seventh Edition of Best Lawyers in Japan、11月にLegal 500、2017年1月にChambers Asia Pacific 2017にてそれぞれ高い評価を得ています。
高谷知佐子の著書、論文として、「現代アメリカ契約法」「アジア新興国のM&A法制 第2版」などがあります。

2017年9月にホテルニューオータニ東京でLAWASIA東京大会2017という法曹界の国際会議が開かれます。今回で第30回目の開催となり、日本では1975年、2003年に続き3度目となります。
LAWASIAはローエイシアと呼ばれ、正式名称はThe Law Association for Asia and the Pacificという法曹団体及び法律家の団体で、1966年に設立され、オーストラリアのシドニーに事務局が置かれています。高谷知佐子はLAWASIA日本代表理事と日本ローエイシア友好協会理事を務めています。アジア・太平洋地域の50以上の弁護士会や法律協会、個人会員が加入している国際団体で、1年に1回年次大会を開催することで相互交流を通して各国の司法制度や法律制度が適切に整備、運用されるように協力しつつ地域社会の発展と国際交流を深めることを目的としています。
このローエイシアには日本の団体として高谷知佐子の所属する第二東京弁護士会も含め、日本法律家協会、日本弁護士連合会、東京弁護士会などが加盟しています。ほぼ毎回ビジネス法に関するセッションにスピーカーとして参加している高谷知佐子は、今回の東京大会では大会役員として実行委員会副委員長を務めることになっています。

森・濱田松本法律事務所
http://www.chisako-takaya.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 池袋 腰痛治療で有名な整体しんちゃんは、1度は名前を耳にしたことはあるでしょう。この整体院は、腰痛や…
  2. 結婚相談所に興味はあるけど、実際に行動に移すのは心配だという方は多いのではないでしょうか。本気で結婚…
  3. 福岡市南区 整骨院でアクティベーター治療を施術しているのは、「鍼灸整骨院雨青舎」です。アクティベータ…
ページ上部へ戻る